ラジオ局突撃レポ 富山活性化推進編⑤

★前回までのあらすじ★

 メディアに富山の現状を知ってもらおうと…ラジオ局にアポなしで突入した。ラジオ局社長との心理戦になり…追い返されそうになるが、心理戦に勝利し対談することに成功。

富山の若者の現状を伝えた。そして富山の問題点のうちの1つ目②『体育館問題について及び対策の話をした。

その後、雑談になり社長から「若者が選挙に行かないから、若者が不利な世の中になるんだ。文句があるなら選挙に行け」という指摘に対して反論。その後、問題点の2つ目である③全国チェーン編について話を始めた

 

管理人『ラウンドワンのホームページの店舗検索てページを見るとこんな感じででてくるんですけど…』

 

 

管理人『山形、茨城、富山、福井、鳥取、島根、長崎…』

 

社長「苦笑」

 

社長「ほとんどの県にあるのだね笑。」

 

社長「しかし、この図を見てると言ってる7県だけ取り残されているみたいだな(笑)」

 

管理人『おっしゃる通り取り残されているのですよ』

 

管理人『ラウンドワンは若者の遊び場の代表(みんな行っているかどうかは別としても…)、ともかく若者のいるところにラウンドワンはできるんです!!』

 

管理人『これで…いかに富山が遅れている!見放されていると分かるでしょう?』

 

社長「こんなに富山って田舎だったのか(笑)全然実感がなかったぞ」

 

社長「しかし、これはよくないねぇ…。この図は(笑)恥さらしじゃないか(苦笑)」

 

管理人『まぁ分かりやすくしてるつもりで、悪気はないんでしょうけど(笑)』

 

社長「やっぱラウンドワンがないと困るか?」

 

管理人『困りますねぇ…似たようなものは砺波にUSランドがありますが』

 

管理人『規模が小さくてちょっと子供向けなんですよね』

 

社長「USランドってどんな感じなんだ?」

 

管理人『ラウンドワンの縮小版です!』

 

社長「………。」

 

社長「………。ラウンドワンてそもそもなんだ?」

 

管理人『!!!!』

 

管理人『えーっ!?!?!?!?』

 

管理人『知らないんですか?』

 

社長「……。」

 

管理人『早く言ってくださいよ(笑)』

 

管理人『ラウンドワンというのは………………。』

 

社長「なるほど」

 

社長「確かにその施設は若者の遊び場として絶対あった方がいいな」

 

社長「ところでさっき言っていた基準ってなんなんだ?」

 

管理人『山形、茨城、富山、福井、鳥取、島根、長崎』

 

管理人『私個人の推測なのですが…』

 

管理人『山形県』

 

管理人『地形として考えたら、いろいろと難しいのかなと思いました。』

 

管理人『山形は県の大きさ自体がでかいですが、その真ん中縦一列に山脈があり、県の大半が山でおおいつくされてていまして…』

 

管理人『山の左側→海側に“鶴岡市”』

 

管理人『山の右側→山形市』

 

管理人『となっていて人口が集中している都市同士が離れすぎていて、どっちつかずなのかな…と。』

 

管理人『山を越えるのに時間がかかるうえに、ただでさえ東北地方で人口が少ないうえに二分割されるのでは、難しいのかなと…』

 

管理人『それに加え山形県は若者の元気がありません。』

 

社長「山形県はホント土地に恵まれてないよな…」

 

管理人『島根、鳥取』

 

管理人『この二つの県は47都道府県の人口ランキングで46位と47位です』

 

管理人『ラウンドワンは若者が遊ぶところ。』

 

管理人『つまり、客層を10代後半から30代までに絞っていることから、店に来る時間帯も限られており、平日に人がガラガラであることが予想される為、少しでも人口が多いところ→平日休みの社会人がいるところを狙って店舗を建てているのかなと思いました。』

 

管理人『鳥取県では最近までスターバックスコーヒーもなかったようですから若者も比較的少なくて老朽化が酷いのかもしれません』

 

社長「地方は大変だよな。都市部ばかりでなく地方にも目を向けてほしいものだ」

 

管理人『そうですね(´・ω・`)』

 

管理人『富山、福井』

 

管理人『一番影響しているのが“雪”かと思います』

 

 

ラジオ局突撃レポ⑥富山活性化推進編に続く…